高松

入社年次:2016年4月
所属:ITサービス基盤事業部 クラウドサービス部
役職:担当部長

高松 氏(仮名)

鈴与シンワートでの職歴を教えてください

高松

入社後より継続して、ITインフラの基盤、クラウドサービスやネットワークサービス等の企画・設計・開発・構築・運用業務の遂行と管理をしてきました。

現在の仕事内容を教えてください

ITサービス基盤事業部はデータセンターとクラウドサービスの提供が主となります。
データセンターは自社所有のS-Port東京第一センターを中心に、全国7ヶ所に展開しており、それらを拠点にしてハウジングサービス、インターネット接続等の通信サービス、パブリッククラウドサービス、ベアメタルサーバ等のサービスを提供しています。
その中で、管理も現場も遂行するいわゆるプレイングマネージャーです。

仕事上で気をつけていることは何ですか

高松

サービス品質にはとても気をつかっています。
今まではスピードが重視されてきたところもありましたが、それが拙速とならないように気を付けています。ビジネス的には詳細仕様を固めていない段階で商品化するスピード感が重要なときもありますが、それが後々運用に悪影響を及ぼすこともあります。

具体的にはお客様とのエスカレーションルールがその一例です。障害発生の際はもちろんですが、日常の技術的な報告等も含みます。見切り発車してサービスをカットオーバーすると情報の質が落ちる場合があります。エスカレーションの際、誰が何をするかというルールを詳細に決めておかないと、最終的に営業にしわ寄せがいくこともあります。

細かい技術的な対応まで営業がお客様と調整することになると、本来、新規のお客様を獲得することがメインのミッションであるのに関らず、新規のお客様との打合せや交渉が出来ないことになります。また、既存のお客様も何かあったら営業に言えば全部やってくれると考え、気軽に技術対応の依頼をする。
それは、お客様からみると使い勝手が良いところでもあるのですが、社内では技術とのバランスをとる必要があると思います。それらの依頼に対しては、対応すべき部門が対応し、営業は新規お客様獲得のために多くの時間を使う、そう言った交通整理を正確に行っていくことが重要な役割と考えています。

鈴与シンワートに就職を決めた理由は何ですか?

高松

自分の力を活かせるところにと思ったのがきっかけです。
前職もデータセンター事業を提供している会社に在籍していましたが、業務のアウトソーシングが進み、社内でやることがなくなってしまいました。
そうなると外部業者のコントロールが業務の中心になり、仕事に面白さを感じなくなりました。自分が先頭に立って事業を進めて行きたいと思っていたところ、その思いにマッチした会社が鈴与シンワートであったため、転職を決意しました。

鈴与シンワートの強みを教えてください。

やはり鈴与グループという安定したビジネス基盤があるというのは強いです。
それと社内の風通しの良さが強い武器だと思います。違う部署の人であっても、必要な時はすぐ話ができ、一緒に仕事を進めることができますし、経営層へも直接話をしに行くこともできることも大きいですね。風通しの良さはビジネスにスピード感を出せるという面で非常に重要です。何か始めるにしても、課題を解決するにしてもプレイヤーを集めることや、意思決定が早いのは大きな強みだと思います。

ワークライフバランスはどうですか?

高松

部門横断でワークライフイノベーション委員会という組織が作られ、ワークライフバランスの具体的な施策を実行したり、テレワークのテストが開始されたり、会社としても注目しています。私もエンジニアですから、業務に使えるか使えないかは別にして、これらの活動により、色々な技術や知識を習得するための自由な時間を作ることができました。
また、プライベートではその自由な時間を利用して、健康のためにジムに通っています。

今後の目標を教えてください

今はIT基盤のサービス提供に注力していて、それが強みとして出ていますが、お客様から直接見えるアプリケーションの開発やパッケージソフトのカスタマイズや導入にIT基盤も含めたワンストップソリューションの提案ができるところを、更に強くしていきたいと考えています。私個人としては当社の全事業部のサービスをとりまとめ、お客様へITを通して最大のベネフィットを提供するプロジェクトの先頭で自分のスキルを発揮するというのが一番の目標です。