大崎

入社年次:2017年4月1日
所属:ロジスティクス事業部
   ソリューション部

大崎 氏(仮名)

現在のお仕事についてお聞かせください。

大崎

最新技術を活用した貿易プラットホームの構築を行っています。
現状の貿易業務は、輸入者と輸出者と銀行などの間を紙でやり取りしているのでとても時間がかかっています。
それを電子化することにより、時間の短縮ができないかと、実証実験を行っています。
実際、全国紙などでも取り上げられましたので、最先端の仕事をしていると実感しています。私はそのプロジェクトの中で画面の設計製造を担当しています。

今、貿易の世界では日本の仕事は正確ですが、非常に遅いというイメージを持たれています。これら最新技術を活用することにより、もう一度日本が貿易の中でトップに立てるのではないかと僕は思っています。

鈴与シンワートに就職を決めた理由は何ですか?

主に2つあります。一つはもともと物流業務のシステムに興味があったという点です。
物流業務システムという点では、ロジスティクス事業部があったことが大きいです。これこそまさに私のやりたい仕事だったのでとても満足しています。
私は情報系の大学に行ってプログラミングを学んでいました。人工知能などを研究していました。
直接ロジスティクス関連の研究はやっていませんでしたが、単純に漠然と興味がありました。物流は何をするにも必要な業務だと思います。人の土台となるところに、とても興味を持ちました。

もう一つは色々な会社の面接を受けた中で、鈴与シンワートの面接官の印象がとても良かったことです。
就職とは直接関係ない面談をしてくださったり、面接後すぐに電話を頂いたりして、自分のことを信頼してくれていると感じました。
そこが私にとっては重要な決め手となりました。

入社してみて社内の印象はどうですか?

大崎

個人的なことですが、先輩がとても優しいです。
物流業界は職人系の方が多いと聞いていたので、物流システム業界の方もそうだと思っていましたが(笑)
そのようなことはなく皆さん優しいです。
仕事もやりがいがあり楽しいですし、興味のあることをやらせてもらえているのはいいことだと思います。

ワークライフバランスはどうですか?

大崎

現状ほとんど残業はなく、有給休暇も取りやすいですし、休日出勤もありません。
ワークライフバランスという意味ではちょうどいいバランスだと思っています。
しかも常駐先の企業は立地が良いので仕帰りも繁華街に寄って帰れます。

今後どのような仕事をやりたいと思っていますか?

大崎

今は貿易関係の仕事をしていますが、ロジスティクス全般でいうと他に倉庫、調達、配送と様々な分野があります。現在と違う分野も多く経験してロジスティクスを極めたいと思っています。
人手が介入せず、機械で配送先を振り分けたり、ドローンや自動運転などで配達をしたり、それらを実現させることが面白いと思います。当然どこかで人手は必要だとは思いますが、極力IT化して、ポチッとすれば人を介さずにものが届く世界を見てみたいです。