鈴与シンワートについて

社名の由来

鈴与シンワートは1947年に設立された新和運輸株式会社が母体になっており、その社名が由来になっています。

事業の内容

コンピュータソフトウェアの受託開発・開発支援、ソフトウェア製品の導入支援・アドオン開発、人事給与を主体としたアウトソーシング事業ならびにデータセンター&クラウドサービス事業
それぞれの事業が強みを活かしたバリューチェーンで、ICTを通して、お客様の経営課題の解決を支援し、企業価値の向上に貢献しています。

鈴与グループ

鈴与グループ

鈴与グループは210余年の歴史を持ち、個性あふれる140余社が集うグループに成長しました。
その事業内容は、物流から、エネルギー・環境対応商材をはじめとする商流、建設・ビルメンテナンス・警備、食品、情報、航空、地域開発・その他サービス分野に至るまで、その領域を幅広く拡大しています。
鈴与シンワートはグループ内の情報事業の中核企業として活躍しています。