常に「共生」の精神で信頼される企業を目指して

鈴与グループには、これまで脈々と息づいてきた「共生(ともいき)」という言葉があります。

「共生」の歴史は、1922年(大正11年)に椎尾弁匡師(1876~1971)が起こした「共生運動」にさかのぼり、
その基本的な考え方は「1つの個を大事にしていく。そしてこの個が本当に自立をし、
自分自身で生きていく中から他との共生が生まれてくる」というものでした。

これを弊社グループに置き換えれば、「会社がひとつの企業として自立し、
また、社員一人ひとりも個々の社会人として、真に自立し、社会活動を営む中で、我々と地域社会、
お客様、お取引先様、そして社員相互間を結びつける精神的な基盤となる」ものです。
今後も、私たちは「共生」の精神で、社会に、そして皆様に信頼される企業であることを目指していきます。

共生(ともいき)