マテリアリティ(重要課題)

今回、共生の理念に照らし、弊社は「将来どのような社会課題を解決する企業でありたいか」という“ありたい姿”を考え、「持続的に成長するために取り組むべき重要な課題」=重要課題(マテリアリティ)を特定することとしました。

鈴与グループは、「社会との共生」、「お客様・取引先との共生」、「社員同士、グループ各社の共生」の3つの「共生」をグループ共通の経営理念として掲げ、実践してまいりましたが、その取り組みは、昨今のESG/SDGsによる社会課題解決への取組みと通じるものであると考えます。

共生

共生についてはこちら

マテリアリティ(重要課題)特定のプロセス

マテリアリティの特定プロセスは次のとおりです

Step1.社会課題の抽出(把握と整理)

持続的な開発目標であるSDGsやESG投資銘柄の評価項目、社会的責任の国際規格であるISO26000といった国際的なガイドラインなどからを弊社を取り巻く社会課題を確認しました。

Step2.優先順位付け

抽出した社会課題と弊社の経営理念、事業内容、経営課題とを照合し、弊社の経営に及ぼす影響度、ステークホルダーに与える影響度で優先順位付けし、重要課題候補を作成しました。

Step3.妥当性の確認

経営層のミーティングを通じて、経営理念との整合性、重要課題候補の妥当性の確認を行いました。

Step4.マテリアリティ(重要課題)の特定

取締役会での報告を経て、マテリアリティ(重要課題)を特定しました。


マテリアリティ(重要課題)表
3つの「共生」 E S G マテリアリティ(重要課題) マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ 関連する主なSDGs
社会との共生 E S - 1 DX推進による
サステナビリティの実現
  1. お客様のDX推進による事業戦略支援
  2. お客様のDX推進によるレジリエントな社会インフラへの寄与
  3. お客様のDX推進による生産性向上、働き方改革の支援
  4. お客様のDX推進による、CO2排出の削減、資源削減などの環境負荷の低減
  5. 新たな価値を生む研究開発
  6. パートナーシップによるイノベーションの推進
E - - 2 脱炭素・資源循環社会にむけた
環境への配慮
  1. 自社所有データセンター・オフィスの省電力活動及び再生可能エネルギーの積極活用
  2. データセンター、オフィスでの省資源
- S G 3 透明で
責任ある経営
  1. 教育・文化・地域支援の取り組み推進
  2. コーポレート・ガバナンスの強化
  3. コンプライアンスの徹底
  4. リスクマネジメントの推進
  5. 公正な取引の確保
お客様・取引先との共生 - - G 4 情報セキュリティの向上と
品質の追求
  1. 高品質・高セキュアな製品サービスの提供
  2. 情報セキュリティの強化
E S G 5 社会・環境にやさしく責任ある
サプライチェーンの実現
  1. ビジネスパートナーにおける責任ある事業活動の遂行
社員同士、グループ各社の共生 - S - 6 人権と多様な人財・働き方の尊重
  1. 人的資本への投資・開発(教育、リスキル、キャリア開発)
  2. 人権の尊重とダイバーシティ&インクルージョン
  3. 健康経営

3つの「共生」

社会との共生

E S G
E S -
マテリアリティ(重要課題)
1 DX推進によるサステナビリティの実現
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. お客様のDX推進による事業戦略支援
  2. お客様のDX推進によるレジリエントな社会インフラへの寄与
  3. お客様のDX推進による生産性向上、働き方改革の支援
  4. お客様のDX推進によるCO2、資源など環境負荷の低減
  5. 新たな価値を生む研究開発
  6. パートナーシップによるイノベーションの推進
関連するSDGs
E S G
E - -
マテリアリティ(重要課題)
2 脱炭素・資源循環社会にむけた環境への配慮
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. 自社データセンター・オフィスの省電力活動及び再生可能エネルギーの積極活用
  2. データセンター、オフィスでの省資源
関連するSDGs
E S G
- S G
マテリアリティ(重要課題)
3 透明で責任ある経営
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. 教育・文化・地域支援の取り組み推進
  2. コーポレート・ガバナンスの強化
  3. コンプライアンスの遵守
  4. リスクマネジメントの推進
  5. 公正な取引の確保
関連するSDGs

お客様・取引先との共生

E S G
- - G
マテリアリティ(重要課題)
4 情報セキュリティの向上と品質の追求
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. 高品質・高セキュアな製品サービスの提供
  2. 情報セキュリティの強化
関連するSDGs
E S G
E S G
マテリアリティ(重要課題)
5 社会・環境にやさしく責任あるサプライチェーンの実現
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. ビジネスパートナーにおける責任ある事業活動の遂行
関連するSDGs

社員同士、グループ各社の共生

E S G
- S -
マテリアリティ(重要課題)
6 人権と多様な人財・働き方の尊重
マテリアリティ(重要課題)取組みテーマ
  1. 人的資本への投資・開発(教育、リスキル、キャリア開発)
  2. 人権の尊重とダイバーシティ&インクルージョン
  3. 健康経営
関連するSDGs

サービスサイト

  • S-port

    データセンターサービス
    クラウドサービス
    基幹・ビジネスパッケージ
    ITインフラ構築・保守運用

  • S-paycial

    S-PAYCIAL with 電子給与明細
    S-PAYCIAL with 電子年調
    S-PAYCIAL with 電子人事申告
    POSITIVE
    奉行シリーズ
    Superstream-NX等、人事・財務会計ソリューション

  • Saas

    運転前アルコールチェック&検温クラウドサービス「あさレポ」
    従業員エンゲージメント向上支援クラウドサービス 「ここレポ」
    Salesforce関連ソリューション

  • 物流ITコンサルティングサービス

    物流業務コンサルティング
    物流ITコンサルティング
    物流システム開発

  • S-port

    データセンターサービス
    クラウドサービス
    基幹・ビジネスパッケージ
    ITインフラ構築・保守運用

  • S-paycial

    S-PAYCIAL with 電子給与明細
    S-PAYCIAL with 電子年調
    S-PAYCIAL with 電子人事申告
    奉行シリーズ
    Superstream-NX等、人事・財務会計ソリューション

  • Saas

    運転前アルコールチェック&検温クラウドサービス「あさレポ」
    従業員エンゲージメント向上支援クラウドサービス 「ここレポ」
    Salesforce関連ソリューション

  • 物流ITコンサルティングサービス

    物流業務コンサルティング
    物流ITコンサルティング
    物流システム開発

POSITIVEは株式会社電通総研の製品です。
SuperStream-NXはキヤノンITソリューションズ株式会社の製品です。
奉行シリーズは株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)の製品です。